ページトップ
Twitter
FaceBook
Instagram

2019.7.24

お互いを知る

ムゲーテのある茨木市のお隣のお隣の市の吹田市でも、拳銃事件があったばかり。そして、先日は、京都アニメーション放火事件がありました。

今回も、「精神的な疾患がある」または「精神障害がある」と一部報道で報じられ、漠然とした不安と恐れが社会に広がっているように感じます。そんな中、多くの支援団体がコメントを出しています。

そのうちの一つをシェアします。

京都アニメーション放火事件の報道について | COMHBO地域精神保健福祉機構 http://www.comhbo.net/?page_id=22905

人は、弱いですから、漠然とした不安や恐れにとりつかれると、あっという間に疑心暗鬼に陥り、よく知らない相手に、自分の恐れや不安を投影しがち。相手に投影すると、相手は、鬼でも恐ろしい人でもないのに、自分の妄想によって、相手が恐ろしい相手にしか見えなくなってしまいます。

そんな人間の特性をよく理解している人は、そんな感情に呑みこまれることなく、流すことができますが、まだその域に達していない人は、すぐ相手のせいにしがち。

そんな時は、とにかく、相手と話をして、自分との共通点を見つけていくとよいです。

相手との気持ちの距離感が近づいてくると、相手を自分と同じ、血の通った人間として感じられるようになり、漠然とした不安や恐れは消えていきます。

よく知らない相手=血の通わないロボット みたく、無意識のうちの感じているから、どんなひどいこともできてしまう。

「精神障がい」があるから事件を起こすのではないです。この誤解はどうにかしたいですね。それには、やはり、知ってもらうところからかな と思います。お互いを知る努力も、知ってもらう努力も必要です。

「人間」という単語は、“人” の “間” と書きます。“人”だけだと、生物学的な生き物というだけの意味になってしまいます。「人間」は、“人”と“人”の間で生きるからこそ、人間。

”よく分からない相手だからコワイ”という未熟な心を、みんなで一緒に成長させて、進化してきたいですね。
  • About  / 当店について
  • Menu  / メニュー
  • Event  / イベント
  • Gallery  / ギャラリー
  • Blog  / ブログ
  • Staff  / スタッフ紹介
  • Access  / アクセス
  • Contact us  / お問い合わせ

AccessAccessアクセス

カフェ&バー Muguete (ムゲーテ)
大阪府茨木市別院町7-34 ジョイス茨木3F (301)